結婚式の2次会の座席の位置について

二次会を盛り上げるためにも座席の定義は重要です。

結婚式においては、披露宴に関しては家族や親族、友人や職場関係の人が出席するもので、座席についてはある程度こうすべきという暗黙のルールがあります。

しかし二次会については主に友人や会社でも親しい関係にある人が出席することになり、座席については一定の決まりがありません。

そのため座席については主催する人たちで自由に決めることができますが、決める場合には出席者の関係性をよく見て決めなければなりません。

座席については、二次会を盛り上げるにあたってかなり重要なポイントになってくるからです。

座席に関してはある程度融通を聞かせるべきです。

披露宴に関しては座席は一覧表にされていて名札もきちんと付けられていますが、二次会はそれほど堅苦しいものにすべきではないので、仮に最初に座席を指定していても後でいつでも交換したり、自由に移動できるような融通性を持たせるべきです。

二次会はもちろん新郎新婦を改めて祝福する会ではありますが、出席者にとっては仕事上での新たな結びつきや男女の出会いなど別の要素をも持っている会ともなるので、座席をきちんと指定すべきという考えは合わないのです。

最初から自由にしてしまうのもいい方法です。

会場によっては二次会では座席の指定を設けずに、あえて最初から座る場所を自由にしてしまうという方法もあります。

二次会は披露宴の後に行われることが多く、披露宴が少し長引いた場合は時間の都合上出席できないという場合や、披露宴で飲みすぎてしまったなどの理由で急遽欠席するという人も出てきます。

逆に披露宴は都合がつくかわからなかったので欠席しても、二次会は急遽行けることになったので二次会のみ出席するという人も出てきます。

このように二次会は最初に予定していた出席人数よりも多少増減する可能性が高いので、最初から座席を自由にした方がメリットが大きい場合もあるのです。

二次会の座席はある程度融通性をもたせるべきです。

引証・二次会・忘年会の景品専門店|景品本舗 https://k-hompo.com/

みんなが楽しめる二次会の計画とはどんなものか?
タイトルとURLをコピーしました